ページの先頭です。

ガーバーデータとは

ガーバーデータ

ガーバーデータとは、プリント基板を製造するためのデータで、基板の設計者と製造者の間でやりとりされます。 通常DesignSparkPCBやEagleといったのCADソフトによって設計・出力され、このファイルを元に製造業者側はプリント基板を製造します。

「ガーバー」「ガーバーデータ」「ガーバーフォーマット」など色々な呼び方があるが、どれも意味としては同じです。ガーバーは元々基板のアートワークフィルムの作画に用いられるグラフィック・フォーマットでした。フィルム作画機メーカの Gerber System社の独自規格でしたが業界標準として広く普及したため、1979年にEIA (米国電子工業会)で RS-274D として規格化されました。現在、量産用の 基板フィルム作成には必ずと言ってよいほど、このガーバーフォーマットが用いられています。

ファイル構造の視点からみると、ガーバーフォーマットは、RS-274X(拡張ガーバーフォーマット)とRS-274-D(標準ガーバーフォーマット)の2つに分類することができます。

違いはDコードを含むか含まないかので、Dコードとはサイズ情報(ポイント寸法、線幅)・形状を示すコードで2桁以上の数値のことを指します。簡単に言ってしまうと、RS-274Xは画像データを全て内包することができ、外部ファイルを必要としません。逆にRS-274-Dは、サイズ情報が記述された外部ファイルが必要になります。そのため、RS-274Dは正しい組合せでファイルを受け渡しをしないと、正しく再現出来なくなってしまいます。当然のことながら、現在の主流は拡張ガーバーです。

見分け方は簡単で、RS-274Xの場合、先頭付近に「%」で区切られたパラメーターが何行か並んでいるはずです。 このパラメーターがない場合は、RS-274-Dですので外部ファイルが必要になります。

RS-274Xでの受け渡しはトラブルが少なく、ガーバーの知識がさして必要ではありません。一方、RS-274-Dを使う場合は、正しくデータを再現するために設計者と正常者双方に正しい知識が必要になります。


誰でも簡単に基板設計や回路設計ができる「CADLUSシリーズ」無料配信中!

ご利用になられたお客様の声

A社 開発部 西原様

A社 開発部 西原様編集でのチェックで編集でミスを見つけていただき助かりました。急ぎ設計したデーターなので、確認できず再作になる所をデーターミスを見つけていただき、1回の試作で評価を完了できました。