ページの先頭です。

プリント基板とプリント回路の違い

プリント配線板

プリント配線板とは、電気回路の配線を絶縁体からなる板の表面や内部にプリントした基板のことで、部品を装着する前の状態の生板を指します。これに対して、コンデンサやスルホールなどの各種部品を装着した状態のものをプリント回路板またはプリント基板と呼びますが、一般的には生板も含めた総称としてプリント基板と呼ばれます。

類似の呼び方で電子回路基板と呼ばれるものがありますが、これはプリント配線板およびモジュール基板の総称です。

配線板の品種区分

配線板の品種区分
プリント配線板 リジッドプリント配線板 片面プリント配線板
両面プリント配線板
多層プリント配線板
ビルドアップ多層配線板など
フレキシブルプリント配線板 片面フレキシブル配線板
両面フレキシブル配線板
多層フレキシブル配線板など
フレックスリジッド配線板
モジュール基板 リジッドモジュール基板 BGA基板
ビルドアップモジュール基板
フレキシブル系モジュール基板 TAB基板
COF基板など
セラミック基板

誰でも簡単に基板設計や回路設計ができる「CADLUSシリーズ」無料配信中!

ご利用になられたお客様の声

特殊電装株式会社 技術センター 開発技術部様

基板の試作代がとても安いため、今までよりも気軽に試作が作れるようになりました。また、試作は納期が迫っている中お願いすることが多いので短納期で作っていただけるのは非常に助かっています。 プリント基板アロケートドットコムさんなら、パターン設計、生基板作成、試作基板実装まで、一貫してサポートしてもらえるので、あちこちベンダーを探す手間が省けて効率良く仕事ができます。